雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS なの小夕子「きみと一緒なら地獄でもいいよ。」レコ発@四谷outbreak!

<<   作成日時 : 2015/09/07 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2日後upになってしまった…

なの小夕子「地獄の果てまでお伴してください」 初アルバム発売記念ライブ

 ライブ観覧をブログに書くのは、去年7月のBiS解散ライブ以来ではないだろうか。
 あれから、研究員(BiSファン総称)がよく行く「おやすみホログラム」にちょいちょい行くようになった。初めて見たのがちょうど去年の今頃、新宿二丁目、三丁目商店街のお祭りイベント。
 その時の状況を丁寧に書いてる研究員さんのブログ↓

アイドルのいる辛い暮らし - おやすみホログラムとの邂逅 - BAR HOP NIGHT@新宿三丁目LIVE&BARスモーキン・ブギ(9/13)

 なの小夕子はおやすみホログラム創設メンバーにしてリーダーだったが、私が初めておやホロを見た時、既にライブには参加しなくなっており、、、まあいいや、当時のことは上リンクのブログ読んで下さい。

 で、私がなの嬢を直に初めて見たのは、年が明けて今年の1月、新宿ロフトプラスワンでのオールナイトイベント「伊達男ナイト」。
https://plus.google.com/photos/109520557421468692818/albums/6107168528751552833
 裸足で二の腕出して歌ってるのがなの主席。
 ある意味嫌らしい趣味なのだが、私は「元アイドル」というのに非常に興味があって、そういう人が新宿辺りのライブハウスに出ると時々見に行く。
 で、またしばらくして、4月だか5月だったか、以前見たなの小夕子が、渋谷の喫茶SMiLEでライブをするという。
 喫茶SMiLE─この店は確か、その昔ゴールデン街に「GARDEN」という店を出してたママが店を上がって渋谷に出したんじゃなかったっけ。(※現在ゴールデン街にある「GARDEN」は店名だけ継いでる)
 なんか俺の中で、知ってる人と別の知ってる人が「なの小夕子」でつながった。
 そういうわけでちょくちょくライブ行くようになったら、今度はなの嬢がゴールデン街で働くというので、週イチ程度通うようになった。そしたら、なの主席と仲のいいバンドマン、業界さんその他濃い人の来ること来ること。
 すっかりこの界隈が楽しくなってしまった。因みにゴールデン街、去年までは水野しずが入ってたし、今もNATURE DANGER GANGの複数メンバーがいて、新しいライブシーン虎の穴になりつつある。

 ああ経緯を書くだけで結構疲れた。
 そうこうしてるうち、なの主席が全国流通CDを出すという。ほう、ちょっと前までマネージャーほしい、サイト作ってくれる人ほしいと言ってた状態から全国発売か、やるなあとか感心してたらこの日行くことになったという次第。
 しかもこの日、ゲストに自分を解雇したおやすみホログラムをゲストに呼ぶという。おおそうか、話題になればええなあと思ってたが、当日はおやホロ目当てのヲタクさん7割なの主席の客3割って感じ(※)でまあまあ入った方。
 とりあえずテキーラショットを2杯空けて、後はそこそこ頑張りながら見させてもらいました。
 ライブの感想。
・第一部、地獄ランド(高野京介+原田おにいちゃん)とやった「情報」、普段のライブではトラックだけなので、1番が終わって「バアーン」とギター・ベースが響いてきた時初めて「この曲カッコイイ」と気づいた。地獄ランドはこの日限りと聞いてるが、惜しいな。年2回くらいでいいからまた組んでくれないかな。
・同地獄ランドで半分アカペラで歌いあげた「ベストソング」がこの日の白眉。こんな感情込めて歌うベストソングは初めて。
・第二部のおやホロさん、いつも熱狂の中でライブやってるのでMCを聞いたことがなかったけど、あまり慣れてないなw
・第三部は天国さま(ローディーコウノ+吉田仁郎+早瀬雅之+川畑usi智史)。コウノさんが目に見えて日に日に痩せてることだけはわかった。
・アンコール、おやホロの2人+なの主席でおやすみホログラム「drifter」。おやホロ時代のなの主席を見てない私には、今のおやホロのノリが彼女にはどう映ったか非常に興味深い。


 誰かの感想ツイートで「この人はちゃんとポップであろうとしていて」というのを見て、なるほどと思った。
 あと「懐かしい感じがした」と言う人も。
 曲だけなら、古くは橘いずみに最近では大森靖子の世界に近いかも知れない。ただ、既に人生の先のステージを踏んでいる彼女たちに対して、20歳の女子が不安4割鬱憤4割、残りの2割がやりたい事とちょっとした希望みたいなそんな微妙なステージで歌っているのがいいのだ。私はもう初老に近いおっさんなので、3-4年ごとにそういうエモくて若い人を繰り返し見ることができる。
 6連勤の上酒ガバガバ飲んで、ヘロヘロで四谷から新宿まで歩いて帰る。土曜休みで本当に良かった。

p.s.この日のライブではほぼ触れられなかったが、おやホロの初期を語る上で避けられないもう一方の当事者、田島ハルコと松本彌生。なの主席はおやホロ同様彼女たちともしっかり続いている。
9月18日(金)、渋谷喫茶SMiLEでなの小夕子、田島ハルコ
10月11日(日)、東高円寺UFOclubでなの小夕子と天国さま, シャンプーハッツの対バンである。
運営とかプロデューサーはいても、やはりおやすみホログラム(とその前身グループ)の原型はなの小夕子が作ったことは言っておきたい(気がするだけ)。


(※)たった今天国主席より予約客数の提示があり、客層については私の主観でありました。やっぱなの小夕子こわいやん。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なの小夕子「きみと一緒なら地獄でもいいよ。」レコ発@四谷outbreak! 雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる